介護技能実習生の導入に関して



弊社ではミャンマーと中国の介護技能実習生の派遣を行っております。

介護については前職要件が厳しく規定されています。
従い、前職要件を満たし且つ日本語検定N3を取得した技能実習生を送り出すために次の様な施策を実施しています。



 ミャンマー



同国では介護施設が殆ど無いに等しく又、看護大学卒業生は法律で5年間の病院勤務が義務付けられています。
従い看護・介護経験者は少なく技能実習生候補者は殆どが介護の素人という環境です。
その為に弊社では介護の知識と実技を含め320時間以上の介護実習を実施しております。





 中国



同国では中国全土から看護大学・大専(3年間)・中専(2年間)卒業者及び病院・介護施設での就労経験者のみを募集し日本語授業を行い日本語検定N3を取得してもらいます。
その上で日本への派遣を行っています。





 費用

上記、教育に掛かる費用の一部を日本の雇用企業様にご負担を頂いております。

  1. 上記に係る費用として一人当たりN3取得者20万円、N4取得者(面接に於いて合格とされる場合)10万円をお願いしております。
  2. お支払いはビザの発給が得られた時点でのお支払いとなります。

インターンシップ

ページのトップへ戻る